2010年05月31日

子供の問題行動について聞かれて(交流分析ストローク)

子供の問題行動について聞かれました。

具体例というより
少し
一般化して書かせて頂きます。

見方道アドバイザーとしての
 ご依頼ではなく、
  立ち話の中のものです。

例)中高生の子供のお母さんから
・子供が遅刻を繰り返す
・部活をサボる
・ケガを良くする
等々
状況は色々とお聞きしました。



今回は

『交流分析のストローク』

の考えで
大まかな
お答えはしました。
(あくまで立ち話の範囲です。
本当のご相談を受けるタメには、
時間と相手の情報が少なすぎました)


でご説明を。
今回聞いた件では、

答え的なものとして

※親がノーストローク(無関心)なので
肯定的ストロークを得れないため
否定的ストロークを
得る行動を繰り返している


この答えは
子供の件ですね。


ではお母さんご本人は・・・

実は
お母さんも同じことを求めている。
(今回は祖父母に対してになります)




交流分析のストロークとは

日本語で言うと
『関わる』
とか
『ふれ合い』
かな?

相手の価値や
存在意義
(ウツ症状の強かった私にはこの言葉はキーワードです)
を認める行為。

『肯定的ストローク』
・挨拶 
・笑いかける
・話を聞く
・握手
・ほめる
・ハグ

『否定的ストローク』 
・怒る
・殴る
・嘲笑
・叩く
・命令
・バカ、アホ等の言葉を言う
 

親から
『肯定的ストローク』をを得れないと、
『否定的ストローク』
でもいいので
得ようとする。


昔なら多かったのは
非行行為。
暴走族、シンナー、麻薬、いじめ
等々。

今は
不登校、ひきこもりが多いようですね。

年下の兄弟をいじめたり、
イチイチけんか腰ではむかったり。
短いスカート、髪を染めるネイルなどの
派手な格好をする。
指しゃぶったり、おねしょなども。


怒られてもいいから
親の関心をひく。
かまってもらいたい。
(無意識なのでかまうと、さらにケンカになったりしますが・・・
これは子供の作っているモノに親が付き合ってしまう状態。
またこの状態への対策はいつか書きます)




人間が一番怖いのは、
無関心。
ノーストローク状態。


なので
相手から無視されてる状態は
きついですね〜。


それと
ご注意です。

このことを言うと
陥りやすいワナ。


子供を

『ほめる』『ほめればいいんだ』
と考えるのですが・・・

こういう状態のお父さん、お母さんは、
『条件付きストローク』をしやすい。

『100点とったら何か買ってあげる』
『サッカーの試合で点を取ったからほめる』
など
親ににとって
気分の良いときほめる。


『100点とったら何か買ってあげる』
これを繰り返すと、
何かをもらう、
得ることが出来ないと
動かない人間になったり。
(損得ばっかりで、与える行動ができない)
『サッカーの試合で点を取ったからほめる』
これをやってると
子供は
うまくやれないとほめられない、
と言うプレッシャーにつぶれたりします。

負けた試合でも
うまくやれなくても
練習等のプロセスをした
子供そのものの存在を認めてあげる。
そんなところでしょうか。

子供のことに関する
分析対応はこんなところでしょうか。



大分
話が飛びました。

もう一つ
お母さんご本人。

というか、
本来的な見方道としては、
目の前の
お母さんを
思いやったアドバイスが必要です。

私なりの感覚では、
実は子供の求めているものは、
お母さんが
求めていることにもなる。


このケースでは、

◆自分に関心をもってほしい

ではないのかな?


いつもありがとうございます。



posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 14:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

神と悪魔と人を考えてみました

神と悪魔と人を考えてみました。

って
壮大なテーマですが
私の
オツムリで考えたことですから、
単純です。
草と虫.jpg




木村秋則さんが言われたこと

発端と言えば発端かもしれません。
(木村さんの講演会DVD販売中です。最後に宣伝を載せますね)

『あのさ、人間にとっての益虫ってさ、肉食なの。
害虫をたべるからさ。
だから虫メガネで見ると
コワイ顔してるの。
虎や狼は顔がコワイでしょ。

害虫はさ、
草を(人間にとっての作物)たべるから
草食動物なの。
牛や羊みたいに
カワイイ顔してるの。

害虫は
人にとって
悪さしてるけど、
ただ生きてるだけなんだよな。

あっあっあっわーい(嬉しい顔)


私『!!!』
インパクトがありました。



2年前ですが、
私も5坪ほどの
農園
をしたことがあります。

ハッキリ言って
放置栽培でした。
(自然栽培をするマメさがありませんでした)

木村秋則さんの言葉を
ある日
思い出しながら
自分の農園を考えていました。

この農園の中で、

神(創造主) = 私
悪魔 = 害虫、カラス
人 = 益虫

(※後でミツバチのように花粉を運んだり、水をあげたり
など世界を形成するのに必要な動きのことも
考察しましたが、今回は複雑なので
一番単純な
モデルで考えさせてください)

ここまでは
簡単な考察
でイメージしました。

ちょっとまてよ
っと。

私の農園ではなく、

本当の神は、
 この世界に
  害虫やカラスにも
その世界に住むことを許したよな・・・

このへんで
非常に深く考え込んでしまいました。

私のオツムリに納得出来る
答えは
すぐには出てきませんでした。



今だに考えたりしています。
 いろんな答えがあるし出てきますが、

一つだけ
今日は書きます。


害虫は何の役に立っているか。
 益虫の餌になってます。


すると、
悪魔とは
人の役に立っているものかもしれない!!

ん〜〜
ん〜〜〜

いつもありがとうございます。

ご紹介&PR

上のような考え方が書いてある
小林正観さんの本と
木村秋則さんの講演会DVDのご紹介


『神様の見方は私の味方』
http://a-nanda.open365.jp/Products.30.aspx
(本屋さんには無い本です)

神様の見方は私の味方.jpg

『木村秋則講演会 DVD』
http://a-nanda.open365.jp/Products.93.aspx
木村秋則DVD.bmp


posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 15:38 | 津原明宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目の前の人を大事にする

今日から題名変えました。

見方道だと

家元 小林正観さんを思い浮かべていると
未熟すぎて
書けなくなったこと。

それと
私なりに
人と接しているやり方が
家元と違うように見える部分が
あるからです。

根っこは、
『目の前の人を大事にする』
です。

なので
見方道アドバイザー津原にしてみました。

今後とも宜しくお願いいたします。

アーナンダこと津原明宏
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 15:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

心のこもったサービスとは?と聞かれて

『心のこもったサービスとは?』

と聞かれました。

みなさんは
 何だと思いますか?

今回の
結論書いちゃいましたね。


私なりのこの方に対する
結論を先に書いてしまったのですが、
解りにくいので
講釈も書かせてください。



あるセールスの方がお見えになりました。

セールスの方(以下Sさん)『お客様に心のこもったサービスをしたいんです。』

アーナンダ(以下A) 『心のこもったサービスって何ですか?』

Sさん『??・・・、あれっなんだろう?』

A『もしかして、会社で言われたことですか?』

Sさん『はい、社内報で上司が』


小林正観さんに
『あなたは聞かれたら答えなさい』と言われましたので
(2006年、当時は意味が分からない言葉でした。
これについてもこのブログのどこかで)
一応答えを言いました。

A『心のこもったサービスとはなんでしょうか?

お客さんに

聞いてください。』


Sさん『お客さんに聞くんですかッ?!』
と言う反応でした。

これが
 答えと言わずに
  Sさんにはお伝えしました。

やるかやらないかは
Sさんの自由です。



今回の状況の中での
私なりの回答は、

◆相手に聞いてみる


いろんな答えが帰ってくると思いますが、
本人が答える

心のこもったサービス
ですから
間違えようがないです


いつもありがとうございます。

見方道やってます。
(HP内容古いな・・・)
津原明宏
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html


ひらめき冷やし中華やってます
みたいで
気に入ってます。
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 11:31 | 聞かれたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

同調すれども同意せず


見方道アドバイザーには
守秘義務がありますから、
いろんな方の質問を組み合わせたり、
相手から許可を得たモノを書いてみようかと思います。

私なりの答えは、最後に・・・

こんな質問を受けることがあります。
質問者はQさん。

Qさん『これは五戒になるでしょうか?』

(五戒=小林正観さん的には、
不平・不満、愚痴、悪口、泣き言、文句)



例)
こんな状況です。

Aさん『昨日のニュースの子供を置き去りにしてパチンコをして殺してしまった母親ひどいわよね』

Qさん『ひどいよね、あの話。』


これは言い方のニュアンスもありますが、
ほとんどの場合
悪口、文句になると思います。

Qさんは同意しています。
つまり、
なにげない
一言でも、
相手と
同じ感情に立っています。


Qさん『じゃあどうすればいいんですか?アーナンダさん』


一つの答えとして、
『(Aさんが)そう感じるのも無理ないわ』


相手の気持を汲み取る

のは
五戒にはならないと思います。


同調すれども同意せず。

と言う感じでしょうか?

いつもありがとうございます。


見方道やってます。
(HP内容古いな・・・

これ言い訳、ぐちですね)

津原明宏
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html





posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 22:07 | 聞かれたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

悩まない人はいない

見方道ブログを書いてみることにしました。

悩まない人はいない。

8年ほど
ウツ症上がきつかったことがありました。

いつもありがとうございます。
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 19:38 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。