2010年07月29日

行動できない時・・・

結論は、

『行動』

する。

問題を無くす時の、
一つの
やり方です。

私自身、
ここ数日
ブログが
書けないでいました。


時間が無かったわけではありません。

なんとなく
書かなかったのです。

で、
それを逆に
利用して
まず
タイトルを
書きました。


タイトルの
『行動出来ないとき・・・』

とりあえず
打ち込んで見ました。

一般に

・形入法
・べイビーステップ
・MWM(マイクロウエイメソッド)


などと
言われます。


◆行動できない時

とりあえず

『行動する』

ということ。



少し説明を加えると、

・形入法まず形から入る。
ゴルフを始めたかったら
先に
クラブを買ってしまう。
ゴルフ会員権を買うなど。

・べイビーステップ赤ちゃんのように、
歩く前に
ハイハイ
つかまり立ちなどを
していく。

・MWM(マイクロウエイメソッド)同じことですが、
ゴールに向かっていく
プロセスを
細かく
分ける。

なかなか
手紙やメールを
出せない関係になった相手。
まず
宛名を書いてみたり、
メールであれば
下書きのフォルダ
書き始めてみる。



こんな
ケースはよく有ります。

例)
夫婦関係などがこじれている場合。
期間が長すぎて
冷める、
冷め切っている場合。

愛情が感じられない。

例えば、
奥さんの好きな花を買っていく。
(これハードルが高い時ありますが)
おはようと声をかける。

これ又
ケースバイケースですが、
ちょっとしたことを
まずやってみる。



今回のブログ。

自分に
お題を出してみた、

という感じでしたが、
なんとか
書けました。

●どうしたら?書けるだろう?
●どうやったら?書く気になるだろう?
●何を?書いたらいいだろう?
●そもそも、なぜ?書いているのだろう?


こんなことを考えるのも
時には楽しい・・・

のですが。
(原因思考、志向)

『過去より未来

原因より目的

分析より解決』


原因を
探っていかなくても、
解決することは
良くあります。

まずは行動すること。

が良いことも多いです。


『運は動より生ず』


いつもありがとうございます。


見方道HP
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html




posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 16:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

子どもが付いてくるコーチ・監督そして親

最近検証していて、
感じていること。
考えていることです。

たまゆら子供

コーチ、監督について考えたことですが、
にも
言えるかもしれません。

以前、

子供がついて行っている

監督、コーチを考えたことがあります。

一つの結論


【監督、コーチが
現状を
打破しながら
前進していて、
さらに
向上しようとしている】




津原は、
今休止していますが、
11年ほど
子供サッカーのコーチを
していました。

ウツ症状を抱えながらの時もやっていました。

決していつも
安定した
大人の姿を
見せられる状態では
ありませんでした。

実際、
怒鳴ったり、
切れたりしていました。

今思うと、
私は
コーチ以前の
人としての
問題を
持っていました。


最後の3年ぐらいは、
自分なりに
大人の姿を
見せることが出来たかな?

振り返ることがあります。

ただ、
未熟すぎるほど未熟でも
子供たちは
常に
付いて来てくれました。

(ご父兄とはいろんな問題が
起き続けていましたが・・・)

そんな時、
考えたことがあります。

自分自身、
他のコーチ、
指導者、
上司
親等
にも広げて考えました。

何故
人が付いて行く人と
付いていけない人に
わかれるのか?


能力は関係ないようでした。


【監督、コーチが
現状を
打破しながら
前進していて、
さらに
向上しようとしている】


そんな姿を
見せている。

背中で引っ張っている
という感じでしょうか?

それが
一つの共通項でした。
(他の共通項は又いつか
書こうと思います)



上の結論は、
あくまで
サッカーコーチの
専門分野に
ついてでした。

全人格的なものでは
ないことを
お断りしておきます。

ま〜
サッカーの指導者としては、
良い成績を残していても、
人として
???
な方もいましたから。



『親』
にこれを当てはめると・・・

いろんな
要素が出てきますが。

子どもがついていく

『親』は、

自分の親(おじいさんおばあさんにあたる)

対し

真剣に子供

として
対処
されている方かもしれません。


10月には
私の子供が生まれます。

42歳にして
初めての子供。

私の父、母に
対する
行動
スタンス。


生まれてくる
子供

伝わるはずだと
考えております。

未熟な現状に、
真剣に取り組みたいと、
思います。

いつもありがとうございます。


見方道HP
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html


タグ:津原明宏
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 21:24 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

子供の問題行動について聞かれて(交流分析ストローク)

子供の問題行動について聞かれました。

具体例というより
少し
一般化して書かせて頂きます。

見方道アドバイザーとしての
 ご依頼ではなく、
  立ち話の中のものです。

例)中高生の子供のお母さんから
・子供が遅刻を繰り返す
・部活をサボる
・ケガを良くする
等々
状況は色々とお聞きしました。



今回は

『交流分析のストローク』

の考えで
大まかな
お答えはしました。
(あくまで立ち話の範囲です。
本当のご相談を受けるタメには、
時間と相手の情報が少なすぎました)


でご説明を。
今回聞いた件では、

答え的なものとして

※親がノーストローク(無関心)なので
肯定的ストロークを得れないため
否定的ストロークを
得る行動を繰り返している


この答えは
子供の件ですね。


ではお母さんご本人は・・・

実は
お母さんも同じことを求めている。
(今回は祖父母に対してになります)




交流分析のストロークとは

日本語で言うと
『関わる』
とか
『ふれ合い』
かな?

相手の価値や
存在意義
(ウツ症状の強かった私にはこの言葉はキーワードです)
を認める行為。

『肯定的ストローク』
・挨拶 
・笑いかける
・話を聞く
・握手
・ほめる
・ハグ

『否定的ストローク』 
・怒る
・殴る
・嘲笑
・叩く
・命令
・バカ、アホ等の言葉を言う
 

親から
『肯定的ストローク』をを得れないと、
『否定的ストローク』
でもいいので
得ようとする。


昔なら多かったのは
非行行為。
暴走族、シンナー、麻薬、いじめ
等々。

今は
不登校、ひきこもりが多いようですね。

年下の兄弟をいじめたり、
イチイチけんか腰ではむかったり。
短いスカート、髪を染めるネイルなどの
派手な格好をする。
指しゃぶったり、おねしょなども。


怒られてもいいから
親の関心をひく。
かまってもらいたい。
(無意識なのでかまうと、さらにケンカになったりしますが・・・
これは子供の作っているモノに親が付き合ってしまう状態。
またこの状態への対策はいつか書きます)




人間が一番怖いのは、
無関心。
ノーストローク状態。


なので
相手から無視されてる状態は
きついですね〜。


それと
ご注意です。

このことを言うと
陥りやすいワナ。


子供を

『ほめる』『ほめればいいんだ』
と考えるのですが・・・

こういう状態のお父さん、お母さんは、
『条件付きストローク』をしやすい。

『100点とったら何か買ってあげる』
『サッカーの試合で点を取ったからほめる』
など
親ににとって
気分の良いときほめる。


『100点とったら何か買ってあげる』
これを繰り返すと、
何かをもらう、
得ることが出来ないと
動かない人間になったり。
(損得ばっかりで、与える行動ができない)
『サッカーの試合で点を取ったからほめる』
これをやってると
子供は
うまくやれないとほめられない、
と言うプレッシャーにつぶれたりします。

負けた試合でも
うまくやれなくても
練習等のプロセスをした
子供そのものの存在を認めてあげる。
そんなところでしょうか。

子供のことに関する
分析対応はこんなところでしょうか。



大分
話が飛びました。

もう一つ
お母さんご本人。

というか、
本来的な見方道としては、
目の前の
お母さんを
思いやったアドバイスが必要です。

私なりの感覚では、
実は子供の求めているものは、
お母さんが
求めていることにもなる。


このケースでは、

◆自分に関心をもってほしい

ではないのかな?


いつもありがとうございます。



posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 14:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

目の前の人を大事にする

今日から題名変えました。

見方道だと

家元 小林正観さんを思い浮かべていると
未熟すぎて
書けなくなったこと。

それと
私なりに
人と接しているやり方が
家元と違うように見える部分が
あるからです。

根っこは、
『目の前の人を大事にする』
です。

なので
見方道アドバイザー津原にしてみました。

今後とも宜しくお願いいたします。

アーナンダこと津原明宏
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 15:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。