2011年02月13日

占いは?と聞かれての話

占い
私も大好きなんですが・・・

先日

『アーナンダさん、占いどう思います?』
『占いたい気持ちってなんだろう?』

みたいな話があって
ひとつの結論。

【人は自由が怖い】



道路標識.jpg

上のような標識の時、
行く先は
自由。

占いは
ある一方向に進んでみたら?
的な
感じかもしれません。

就職先が決まって、
進学する大学が決まって、
一生の仕事が決まって、

人はホッ

とする。

少し戻って考えてみると、
決まる前のほうが

自由で、
可能性があって

と言う見方もできる。

人は

自由だと
(あるいは
自由すぎると)

不安な
生き物かも?

と言うお話になりました。

占ってもらって
方向を指差してもらう。

イコール

自由度が下がる。


占いの
一つの側面として、

【人は自由が怖い】

のかもな〜

いつもありがとうございます。

うたしショップアーナンダホームページ
http://a-nanda.open365.jp/
気功整体あなん療法所
http://ananda.nobody.jp/ (工事中ですが・・・)
http://ananda.shikisokuzekuu.net/kikou.html
気功整体あなん療法所ブログ
http://a-nanda358.seesaa.net/
見方道アドバイザーブログ
http://arigatoukansha.seesaa.net/


タグ:占い 見方道
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 14:43 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

見方道的な考え方

見方道(みかたどう)とは?

いつも考えてはおります。

先に
簡単にご説明すると、

小林正観さんが、

『ものごとの見方』

それを

『道』

として
提唱したものです。

太極図.jpg


というと
堅苦しいのですが、
全く決まりがなく、
正観さんの
見方道アドバイザー講座も

『資格を取る』

と言う感じの方は少数です。
(どちらかというと
ご自身の
葛藤のヒントがあれば
と言う参加者が
多いと私は感じています)



『道』
の定義が必要かもしれません。

技術や方法
(テクニック、スキル・・・)
ではなく、

◆生き方、生き様◆

まで
高めていく
と言う考え方

これを
定義
として
お読みください。

例えば
言葉としては、

用具

ではなく

道具
(これもニュアンスがありますが)



日本人は、

用い
具える
ではなく、

道に
具える。




見方道。
非常に抽象的になりましたので、
実例を一つあげて
みます。



見方道アドバイザー
津原明宏

として
お悩みの相談事に
のることも
しばしばです。

こんな事例の見方、

おそらく
こういう方は
逆の考えをされている
というものです。


例)うたしショップアーナンダからの
郵便物が
怪しい感じなので
『悪徳商法』と
疑った事例


うたしショップアーナンダの包装は、
リサイクル
(津原が受け取った郵便等を再利用)
が主で、

・新聞紙
・一度使ったプチプチ(エアーキャップ)
・ダンボール
・100枚 500円の茶封筒
・注意書きは津原の手書きで正直汚い字

と言う状態です。
(送料無料のコストダウンの意味もあります)

たしかに
受け取ったとき

『何じゃこれ?!』

と思うようなものかもしれません。


それだけに

・サギ
・悪徳商法

とは
かけ離れていると
考える方が自然だと思います。

サギであれば、

・包装をきれいにする
・誰か有名な人とかの写真を入れる
(私と正観さんとか、そういう写真を入れる)

など、

『装う』

というか
外見を良くする方が、
騙しやすいはずです。


なので
逆に郵便物が
質素
(あるいは
チャチな感じ)
であれば
大丈夫(安全)と
考えたほうが良いかと思います。

これって

恋人選び、
友人選び

などに
当てはめると
面白いかもしれません。
(又、いつかその内容も書きますね)



逆に
上のような例で
疑いを持つ方は
こんな危険性を
持っているかもしれません。

・権威に弱い
〇〇教授、〇〇先生
と言う感じで
偽物に騙されたりする

・ダマされてもプライドがあって
相談できない
あるいは
打ち明ける人がいない。

ズルズルと
大きくダマされていく。

高学歴で、
一般に
頭が良い

言われている方は、
騙されやすかったりします。


綺麗なバラには刺がある

ではないのですが、

モノの見方、
とは
大事だな
と考えさせられた
事例でした。

あ、
それと
私にとって。

リサイクルでも

『精一杯キレイに
包装しなくては』

教えていただいた事例でした。

いつもありがとうございます。


見方道アドバイザー やってます。
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html
うたしショップアーナンダホームページ
http://a-nanda.open365.jp/
気功整体あなん療法所
http://ananda.shikisokuzekuu.net/kikou.html
気功整体あなん療法所ブログ
http://a-nanda358.seesaa.net/


posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 10:43 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

どの考えを選択するか?は自分が決めている

先日
ある方から聞かれたことです。
(許可を得て書いてます)

結論は、

どの考え方
感じ方を
選択するかは

自分が決めている




ある女性、Aさん。

霊視する
Nさんとの会話で
考えたことだそうです。
(Aさん、その日は霊視していただいたわけではなかった)

話の前提として、
霊視のNさんは
人格の高い方で、

『私は普通のおばさんでしょ』
朗らかに
言うような方です。
(非常に霊視能力も高い方です)

Nさん『たとえ、自殺とかそういう未来が見えても
私たちは(霊視するような人間は)
そういう事を言う訳にはいかない』


さて
そこで
Aさん。

『もしかして私が、自殺してしまう運命に・・・』
と考えたそうです。



Aさん『アーナンダさん、私は言われたことを全て
自分のことかと考えてしまう時があるの。
Nさんの言う自殺する人は私のことかしら?

考えすぎなのか、
そう思う?』


アーナンダ(即答)『考えすぎではなく、
考えが足りなすぎなんじゃないの〜。』

(非常に軽いタッチで答えました)

Aさん『???どういう事?』

アーナンダ『その考え方(自殺)も否定しないけど、
状況から言って
考えが浅いと思います。

Nさんが非常に人格が高い。
それはAさんもさっき言ってましたね?

そういう人が、
自殺するという霊視をしたとして、
その人に
自殺の話をするでしょうか?

Aさんは逆に
そういう(自殺)の運命にないから
Nさんはそういう話を
してくださったんだと思いますよ。

どっちの考えをとっても良いけど、

自分が
選択したい考えを
思い込んでいるだけ
のように思います。

なので
考えすぎではなく、
考えが浅すぎる

お伝えしました。』


Aさん『そういう考えもあるんだ・・・』



上の会話の中で、
Aさんの最初の考えも
そうかもしれない。

アーナンダの考えも
そうかも知れない。

(Nさんに聞くしか真意は解らない。
ただ
真意を問う意味はあまりない・・・
と感じました)

【どの考えを選択するか?は
自分が決めている】


いつもありがとうございます。


見方道アドバイザーやってます。
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html
うたしショップアーナンダホームページ
http://a-nanda.open365.jp/
気功整体あなん療法所
http://ananda.shikisokuzekuu.net/kikou.html
メインブログ アーナンダ(日記)
http://ameblo.jp/unsui37/
気功整体あなん療法所ブログ
http://a-nanda358.seesaa.net/
こんな顔です ユーチューブ
http://www.youtube.com/watch?v=f3KUm_8Izss
タグ:見方道
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 22:25 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

巻き込まれずに寄り添う

昨日の文章、
反応が色々ありまして
不親切かな?
とも思い
又書いてみます。



基本的に私自身は
ケースバイケースでお答えしているのです。

なので
昨日の文章では
答え的なことは書きませんでした。
と言うか
書けません。
見方道アドバイザーでの悩み相談、
気功整体での体の痛みの相談、
など
私が
最も避けているのが、
パターン化だからです。

パターン化は
先入観とも言えます。

相手の方の中から、
本当の求めていることを
引き出すときに
邪魔になることも多いのです。

60億の人間がいれば
60億通りの
答え、
関わり方があるはずだからです。



こういった前提で
よくあるケース
として読んでいただければ
助かります。

例1)メールでのやり取りで疲れる場合

・相手の要求、質問内容に答え続けている
・だんだん責められたり、脅されたりする
・もう死ぬとかの文章を送られる
など
色んなことが起きます。

相談してくる方の
メールの内容に反応して
(巻き込まれて)
答えを出し続けていく・・・

しかし
相談してくる方は、
すねたり、怒ったり、落ち込んだり

だんだん手に負えなくなってきます。

〇〇さんの言うとおり
やっても
駄目だった。

あるいは、
もっと
ひどくなったと
責められたりします。

こういった時は、

◆メールをくれている行為そのものを承認することが
有効な事が
多いです。

相手のメールの内容では無く、
『いつもメールをくれてありがとう・・・』
『相談してくれて、私も勉強になっている』
(これはメール頻度が加速する場合もあるので、
気をつけてお使いください)
などなど。

コチラの感情として
伝える。



例2)原因が別の場合

私が体験した例だと、

5年前から目が見えなくなってきている。
その方は、
帳簿を管理している奥さんで、
5年前ぐらいから
あまり儲からなくなっていた。

見たくないものがあって、
目が悪くなっていたようです。

他にも
耳鳴りのひどい女性。
耳鳴りが始まったあたりに、
旦那さんのお母さんと同居が始まった。

聞きたくない事が多くて、
耳が悪くなっていた。

こういう場合、
私は最初、
気功

ご相談されることが多いです。

痛みや症状を
はずしても
はずしても
なかなか
良くならない。

原因が
体ではなく、
ココロ
(周りの状況を受けるモノの見方)
にあったりするからです。

こういう場合は、
気功
と言う道具より
見方道アドバイザー
としての
私の方が
役に立つことが多いです


ココロと体の症状の関係のブログを
以前書いておりました。
http://seikakubyourigaku.seesaa.net/
よろしければ
ご参考にしていただければ幸いです。



一つは、
相手の問題に
巻き込まれずに
大きな視点で見る。

そして寄り添う。

(時には
相手と離れることもあります)

もう一つは
相談している方へ
感謝の念で
考えていく。
(これは頭では簡単ですが、
実践していくのは覚悟がいります)



まとまりにかけた
文章になりました。
少しでも
お役に立てば
幸いです。

いつもありがとうございます。


私はこんな顔です。
スプーン曲げ&ねじり映像
http://www.youtube.com/watch?v=f3KUm_8Izss
(どんな人か?という方がいらっしゃいますから)
うたしショップアーナンダホームページ
http://a-nanda.open365.jp/
気功整体あなん療法所
http://ananda.shikisokuzekuu.net/kikou.html
メインブログ アーナンダ
http://ameblo.jp/unsui37/
気功整体あなん療法所ブログ
http://a-nanda358.seesaa.net/
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 16:05 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

良かったな〜と思った話


今日あるところで、
バッタリという感じで、
数週間前に
ご相談された
女性にお会いしました。
(仮にAさん)

ご相談に来た時、
帰り際に、

『相談に来て
気が重くなってしまいました。』

言われて帰った方でした。

花.jpg


昨日はメールで問い合わせた
別の方に、
(男性か女性かも解らない方でしたが)

『あなたはひどい』

的な
返事を頂いたりもしました。



守秘義務があるので
詳しくは書きません。

Aさんから
話しかけてくださいました。

Aさん『あれから色々と変化があって、
良い方向に行ってます』


良かったな〜
と思いました。


ご相談の帰りは、
気も重く
想像とは違った・・・


ある種の失敗を感じられたそうです。

が、
アドバイス
(言葉と数枚の紙に、
分析や
やれることを書いて
お渡しします)

良く考えて
やってみたそうです。

良かったな〜


気が重くなる
とか
あなたはひどい
と言われて
私自身
何も感じないわけでは
ありません。

自分が
悩んでいた時、
やはり
簡単に
人のアドバイスを受け入れれなかった。

相談される側としては、

『真剣』


お答えするので
そういう反応も
受け入れて行く。
精進精進。

それにしても

良かったな〜
いつもありがとうございます。

見方道HP
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html





posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 22:08 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

本当ですか?(次元を上げて考える)

 ◆次元をあげて考える。
そんな
見方の
お話です。



笑えない実話です。

ある会社の時の
N先輩。

肩や腰が痛くて、
整形外科から
シップを受け取っていました。

痛みが酷いので、
タバコを吸う本数も増え、
一日 2箱。

ある休日
自分の田んぼで
トラクターを運転しているとき、
脳梗塞になり
半身麻痺になりました。
(リハビリで大分回復はしましたが、
完全には戻っていないとおっしゃってました)

首の部分が
脳塞栓
になったそうです。
(専門では無いので詳しくはわかりませんが)



何を言いたいかというと、

上の例で
次元をあげて考えるは

『病院の診療の科が合っているのか?』

を考えなければならなかった。

整形外科のドクターも
他の科での
原因を考えてみる必要があった。


こんな話は
たくさんあります。

思考に

枠、フレーム

がある。

上の
N先輩は
腰痛を時折起こしていて、
整形外科に通っていた。

『痛みがあったら整形外科』
(筋肉、骨)


という
枠があった。

ドクターは、

『筋肉などのハリ、痛み』

という
枠があった。



私のところの
ご相談者であれば、

●ココロの落ち込み等
・低体温 → 長湯にしてみる
・農業の方 → 農薬などの経皮毒
・人ごみが苦手 → 霊媒体質(一般的に言うと)

逆に
●体の痛み不具合等
・目が見えにくい → 会社の帳簿の赤字が見たくない
・肩の痛み → 役職が上がったプレッシャー
・腰の痛み → 息子が家でぶらぶらしていることへの怒り
(これ私の例です)
・アトピー等皮膚病 → 肌に合わない場所に長くいる

等々



ご自分の問題に

『本当ですか?』


問いかけ、

◆『次元をあげて考えてみる』

全く
考えもしなかったところで、

問題が
消え去ることがあります。


いつもありがとうございます。


見方道HP
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html




タグ:見方道
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 12:26 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

顔が晴れていくグループ

結論から。

『顔が晴れていくグループ』

これが
私が

人、
グループ、
講演会等


参加する

基準
(モノサシ)


です。

10010004005.jpg



多少具体的に。

私が関わっているとされている
集団、グループとして、

小林正観さんのファン
今野華都子さんのファン
斎藤一人さんのファン
木村秋則さんのファン
五日市剛さんのファン


他にも
ネットワーク宇宙21
とか
いろいろな育みの会
(不登校の方中心)
など
人数の規模はともかく
関わっている
グループはたくさんあります。

こんな質問をされます。

『津原さんは誰が一番好きなんですか?』
『いろんなとこに顔出してるけど、
結局誰が好きなの?』


あるいは忠告として、

『誰か一人に決めたほうが良いよ』(ついていく、追っかけるなら)

『何時までもフラフラしない方が良いよ』
等々


そんな時、
お伝えする機会があれば、
その方に、

『顔が晴れていく

グループに
関わっていこう、
という
自分なりの基準はあります。』



お伝えします。



もちろん
講演会の後
等に

顔つきが晴れる
    明るくなる

を見る。

そして
それを
半年、1年と
検証し続けます。


誤解を怖れずに
言うと、

たとえ
小林正観さんでも、
(私は、うたしショップで
正観さんの本・グッズを売って
生計を立てておりますが)

現在進行形
検証
し続けているつもりです。

また
それが
小林正観さんから教わった、

考え方、
モノの見方

貫いている


事になると
今は
考えております。

人を信じないのか?
という意見、ご感想も
あたってはいるのかもしれません)


結論に返ります。

(参加されている方の)
『顔が晴れていくグループ』


参加していこうと
考えております。

いつもありがとうございます。


見方道HP
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 01:19 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

見方道について

見方道アドバイザーの津原です。

『見方道』
について
ご質問を頂いたので
お答えします。



Q、見方道とは?
『見方道』
とは
小林正観さんが提唱している、

物事の見方、捉え方

対する考え方のことです。


例えば、
ファミレスで自分の分だけお水がこない。

『何やってんだここの店員』
と言う否定的な見方。

『忙しいんだな〜。繁盛とは良いことだ』
と肯定的な見方。

これから大切な商談の前。
『一瞬怒鳴りそうになったけど、まてよ。
自分は急ぎすぎていたのかもしれない。
一呼吸おけと言うメッセージかも。
落ち着いてこれからの商談を考えてみよう。
焦りすぎていた。
コップを忘れてくれて良かった。
感謝、感謝』

と感謝の見方。

実際全て
 私一人が体験したことです。

イライラ、不快だったことが、
喜び
幸せ
になる。

同じ現象を
見方を変えただけ。


Q、見方道アドバイザーとは?
小林正観さんの
『見方道アドバイザー講座』
(4〜5日間)

受けた人間のことです。

Q、見方道によるアドバイスはどんな感じ?
アドバイザー
一人一人が
小林正観さんの考え方からつかんだもの。
それを
それぞれの人生体験から
お答えしていきます。

臨床心理学のように
ある種の形というか
スタイルが
あるわけではありません。

また
狭義のカウンセリング手法のように、
ひたすら話を聴き続ける
ものではありません。

私の場合は、
気づいたことを
お伝えすることが多いです。


私なりに
『共感』
『思いやり』
『対等の立場(ご相談の方と私)』

を心がけています。



ご相談の方に言われたことがあります。

ご相談の方『小林正観の本と同じことを言うと思っていました。
結構違うことも言いますね。』
(あくまで相手の方の印象です)


津原『10万人以上を相手にしてきた
正観さんと同じことはできません。
もし見方道を道だとすれば、
正観さんが道を作ってはくれてますが、
私はずっと手前にいます。
自分の体験の中からと、
あなたと私の
今の関係の中からしか、
答えることが出来ません』


こういったやりとりの後、

ご相談の方『(正観さんの本と)
同じようなことを言ってくれるだけなら、
1回でいいかな、
と思ってきました。』


津原『本の方が良いと思いますが、
多少でも解釈を
お手伝いできていたら嬉しいです。』



少しづつですが、
みなさんに教わりながら

『見方道』
を学んでいきたいと感じています。

いつもありがとうございます。


見方道HP
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html

お電話御気軽に。
(電話、来店の雑談は無料です)
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 21:43 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

相談している人が同じ行動をとっている

相談している人が同じ行動をとっている。
これは
よく考えると簡単なんですが・・・

あまりにも
自分にとって、
自然すぎて気づかない。

例をあげます。
(こういうのを書くと、私に相談しづらくなりますね。
だからといってご相談しないでくださいではありません)

例1)
職場の人が悪口いう人ばかりで困っている
と言う女性の事務の方。
   ↓
ご本人が、
私に職場の人の悪口を言っている。

例2)
ある女の方。
うちの父親がおばあさん(父の実の母親)を
いじめたり、口ごたえばかりしている。
私はその父親が許せない!
父親が嫌いだ
   ↓
父親はおばあさんの実の子。
なので子どもが親を嫌っている
この女性は父親が嫌い。
と言うことは
子どもが親を嫌っている。つまりは、
嫌いなはずの父親を見習って、
同じことをしている。

例3)
これは少しわかりづらい構造になっている例を。

息子さんが不登校で困っているお母さん。
子が親の言う事をきかない

このお母さんは、
親の反対を押し切って結婚して
自分では苦労している。
子が親の言う事を聞かなかった・・・

お客さんも女性が多いので
女性の例ばかりになりました。


理由として。

私も男ですから言えますが、
男のほうが
アホに出来ていて
人の言う事を聞かないので
私のようなタイプのところには
あまり相談にこないのです。



キツイかもしれませんが、
こんなことも言えます。
(面と向かってはここまでドギツイことは
あまり言わないでしょうが・・・)

例1)の女性。
あなたも周りから見たら
文句ばかり言っているのではありませんか?
いろんな人に感謝の念が
ありますか?


例2)の娘さん。
お父さんは母親の作品とも言えるので、
本当にお父さんだけが悪いと言えますか。
ひょっとしたら
立場が強かった子供時代とかに、
キツイ育て方をしていたとか聞いていませんか?

怒るという行動でごまかして、
本当は
『親に解って欲しい』
気持ちはありませんか?

例3)のお母さん。
一つ前の記事にもあったように、
http://arigatoukansha.seesaa.net/article/151659212.html
無意識に
かまって欲しい気持ちはありませんか。
『愛情が欲しい』気持ちを

否定的なストロークを得ることに
変えてしまっていませんか?



人から見ると

簡単
ですが・・・

長い間の
プログラムがご本人にあって、
この行動パターンを
認識出来ないことが多いです。



ついでに。
ご相談された人も。

例1)の場合。

Aさん『うちの職場のXさん。湯沸し室とかで悪口ばっかり言うの。
あたしは聞いていたくないんだけど、Bさんどうしたらいいと思う』
Bさん『そういう人いるわよね。うちの職場にも・・・』


これAさんも相談された形のBさんも
Xさんのことが事実だとしても
全く
同じ次元になります。

こういう
トリックに引っかからないようにしたいですね。

いつもありがとうございます。




posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 00:21 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

悩まない人はいない

見方道ブログを書いてみることにしました。

悩まない人はいない。

8年ほど
ウツ症上がきつかったことがありました。

いつもありがとうございます。
posted by 見方道アドバイザー津原明宏 at 19:38 | 見方道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。